WHO Brain health unitによるパーキンソン病に関するテクニカルブリーフ「Parkinson Disease: a public health approach」発表記念のWebinarアーカイブです

WHO Brain health unitによるパーキンソン病に関するテクニカルブリーフ「Parkinson Disease: a public health approach」発表は、われらがPD Avengersの

Larry Giffordと

Soania Mathurと、

Gary Shaughnessy (PwP)

Dr. Natasha Fothergill-Misbah

Maria Barrettoは、

WHOのテクニカルブリーフ「パーキンソン病:公衆衛生アプローチ」を2022年6月14日に立ち上げることに貢献したとして、Webinarに出演しています。

でも、これは4月11日に、みんなで「Ending Parkinson’s Disease」を願ったSpark!をWHOに送ったことの結果であります。

Life Design Institute for PwP Japanも、もちろん、参加し、まだ、続いていますよ。

この度は、WHO Brain health unitによるパーキンソン病に関するテクニカルブリーフ「Parkinson Disease: a public health approach」発表のためのバーチャルローンチとウェビナーにご興味をお持ちいただき、ありがとうございました。

ウェビナーでは、多くの方にご参加いただき、大変うれしく思います。イベント中に議論された概要や関連するWHOの発表へのリンクは下記をご覧ください。

また、ご参加いただけなかった皆様には、録画セッションをご覧いただくことができます。

録画の情報は下記をご覧ください。また、以下のリンクはご自由にお使いください。

よろしくお願いします。

ブレイン・ヘルス・ユニット

トピック パーキンソン病技術概要発表会

開始時間 2022年06月14日 01時33分

会議の記録

関連リンク

パーキンソン病:公衆衛生的アプローチ:テクニカルブリーフ(who.int)

WHOのパーキンソン病テクニカルブリーフの立ち上げ

パーキンソン病 (who.int)

https://www.who.int/news/item/28-04-2022-draft-intersectoral-global-action-plan-on-epilepsy-and-other-neurological-disorders-2022-2031

Nicoline Schiess医学博士、MPH
テクニカルオフィサー、ブレインヘルスユニット

精神保健・物質使用部
世界保健機関

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中