論文紹介_Breaking News: Parkinson’s Disease Biomarker Found

「ブレークニュース パーキンソン病のバイオマーカーを発見」

というキャッチーなタイトルでのHP上での報告があったので、拝見しました。

このノリは、ある意味救われることでもあるのだよな、と考えることにします。

(そのように考えてほしいというステークホルダーが多いと思うので)

だから、無断転載も許してね。

この報告は、The Lancet誌に掲載されました。

Assessment of heterogeneity among participants in the Parkinson’s Progression Markers Initiative cohort using α-synuclein seed amplification: a cross-sectional study

🔵こちらは、User Localに、要約してくださいとお願いした結果です。

SAA陰性LRRK2パーキンソン病は、SAA陽性者よりも男性であることが多い。
図は、α-シヌクレインSAAの状態との関係を示しています。
(OR 2-9[95%CI1-3~6-5])。
Braak H, Del Tredici K, Rüb U, de Vos RA, Jansen Steur EN、
CSFのα-シヌクレインSAA解析は、既述の方法で実施した。
これらのバイオマーカーは、以前に記載された方法で評価した18。
他のバイオマーカーとの明らかな関連はなかった(付録p1)。
AS、LC-M、D-ELは原案の執筆に貢献した。
LMCは、ElsevierおよびWolters Kluwelからの謝礼(ロイヤリティ)を宣言している。
AVは、CoA Therapeuticsのコンサルタントであることを宣言しています、

🔵こちらは、Chat GPTにお願いしたお仕事の結果です。

研究所のホールは、機械の柔らかい音と、時折廊下に響く足音以外、静かだった。ジェーン・スミス博士はデスクに座り、最新の研究データに目を通した。パーキンソン病進行マーカー探索プロジェクトは、大規模なプロジェクトであったが、その結果が出始めていた。

そのデータを見ながら、彼女はあることに目を留めた。パーキンソン病という共通の診断名にもかかわらず、コホートの参加者の間には、かなりの異質性があるようだった。これは、今後の研究や治療に大きな影響を与える可能性があると、スミス博士は考えました。

彼女はさらに調査を進め、α-シヌクレイン種子増幅法という手法を用いて、参加者の脳の分子構造の違いを調べることにしました。その結果、彼女は衝撃的な事実を発見した。

この増幅法では、αシヌクレイン凝集のパターンがそれぞれ異なるサブグループを発見したのである。ある患者さんは、他の患者さんよりもαシヌクレインの濃度が高く、その差は病気の進行や治療への反応の差と相関しているようでした。

スミス博士が研究成果を同僚に発表するうちに、この研究の意味するところが分かってきた。これは、私たちがパーキンソン病について知っていると思っていたことをすべて変えてしまうかもしれない。もし、このようなサブグループを早期に発見できれば、患者さんそれぞれのニーズに合わせた治療が可能になり、治療成績が飛躍的に向上するかもしれません。

しかし、研究の興奮が高まるとともに、ドラマも生まれました。スミス博士の同僚の中には、増幅技術の正確さを疑問視したり、サブグループが小さすぎて意味がないと指摘したりして、この研究結果に懐疑的な人もいた。また、この発見を自分の手柄だと主張したり、スミス博士の手法を批判したりする人もいた。

しかし、スミス博士は、「この研究は画期的なものである」という信念を貫いた。しかし、スミス博士は、この研究を必ずやり遂げるという決意を固めた。パーキンソン病と闘う世界中の何百万人もの人々にとって、この研究は苦痛の人生と希望の人生の分かれ道となるかもしれません.

🔵以下は、わたしが感じたこと

✔ 増幅技術の正確さに課題があるということを自分から開示し謙遜されていますが、こういう測定を地道に行った研究者の方々と、この試験に参加した方々に敬意を示したいと思いました。

特に、この参加者に!

増幅技術の正確さに課題があるということを了解済みで、試験に参加しているのですから。

わたしは、この参加者の方々も、Contributerとして、評価されてほしいな、と思っています。

✔ 私なら、以下のことで疑問を持ってしまって、「血液ならいいですよ」と言ってしまいそうですから。(というか、血液で自分が検討したい)

・CSFをとらないと検出できないのかな?増幅するのだから、sysytemic(体全体)で変わっているα synucleinも増幅できると思うけど。

・脳から先に変性αsynucleinがたまるのか? BRRK仮説を支持したら、CSFでなくてもいいのではないか?

・正確性という意味で気になるのは、his-タグの影響でしょうか。α synの凝集性や発光には影響ないのかな? 後はmutated α synがよくわからないこと

ですので、逆に、血液でやってみませんかしら? もちろん、コントロールの健常の方の参加も必要です。

Japan Data、出したいです! また、この報告では、GBAバリアント、LRRK2バリアント、そのほかはSporadicという風にまとめられてしまっていますが、もう少し細かくみた遺伝子バリアントについても検討したいですね。

🔵メモ

包括的な臨床およびバイオマーカーである、MJFFのPPMIデータセットを用いて、α-シヌクレインSAAがパーキンソン病の遺伝的および臨床的不均一性を示す

おそらく変性の初期段階にあるリスクのある個人を特定する。

同グループは、α-シヌクレインSAAがパーキンソン病と健常対照者の鑑別に高い精度を持つことをかつて示している。

遺伝子サブグループ間、特にLRRK2パーキンソン病の参加者の間でばらつきが観察された。α-シヌクレインSAAの結果が陽性であった参加者の割合は、典型的な嗅覚障害を有する散発性パーキンソン病患者で最も高かった。一方、α-シヌクレインSAA陽性者の割合は、LRRK2パーキンソン病患者において最も高かった。

α-シヌクレインSAA嗅覚が正常な人とLRRK2変異体保有者で低くなった。

遺伝子変異保有者の有無で定義されたグループにおいて、α-シヌクレインSAAが陽性となる割合は、GBAパーキンソン病患者が最も多く、次いで散発性パーキンソン病患者が多く、LRRK2パーキンソン病患者ではかなり低い割合となった。

嗅覚の維持は、遺伝的サブグループ全体でα-シヌクレインSAAの陰性結果と関連しており、この関連は正常血圧とLRRK2変異体キャリアの両方の参加者で最も顕著であった。この知見は特に女性で顕著であった。正常血のLRRK2保因者の女性(24人中3人)では、α-シヌクレインSAA結果が陽性であったのは12~5%だけであった。

死後検査に至った症例では、α-シヌクレインSAA陽性者は全員典型的なレビー病変を有していたが、α-シヌクレインSAA陰性者1例(LRRK2キャリアで嗅覚が保たれていた)にはレビー病変が認められなかった。

これらの臨床・病理データは、αシヌクレインSAA陽性とLRRK2陰性パーキンソン病では、臨床表現型が類似しているにもかかわらず、異なる病態が存在する可能性を示唆している。

LRRK2変異体を有するパーキンソン病参加者のα-シヌクレインSAA陽性頻度が低いという今回の結果は、LRRK2 Gly2019Serパーキンソン病参加者15人と非発現キャリア16人を対象とした先行研究24と一致しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中